しなやかに生きる。

勤めのイシちゃん




会社勤めのイシちゃんです。

自営業のセイちゃんと普段から話し合っている、

仕事とか、働き方とか、人生とか。

いろいろな話題をブログに記録しています。

スポンサーリンク



しなやかに生きる

これは僕の人生のテーマでもあり、

僕のブログでのメインテーマの1つです。

”しなやか„

この言葉にどのようなイメージを持つでしょうか?

僕の中では、

柔らかい・ふわっとした・滑らかな・イチローみたいな身のこなし…

こんなイメージでこの言葉を使っています。

色で言えばこんな感じ。

”しなやか„

肩肘張らず、過度に気負わず、日々を柔軟に生きていく。

そんな生活を実現するべく毎日過ごしています。

では、なぜ僕はこの言葉が好きになったのでしょうか?

しなやかに生きるのを羨ましく思った出会い

唐突ですが。

僕は今年2月まで約1年間、彼女と世界一周旅行をしていました。

世界中の人々から、良い人生を過ごすための価値観をたくさん教えてもらいました。

例えば、

友人のアルゼンチン人はこう言っていました。

『俺は仕事は嫌い。好きなことだけで生きていく』

彼は家庭を持ちながらも、秋冬は大好きなスキー場で働き、春夏は人と接するのが好きなのでホステルの管理人をして暮らしていました。

好きなものをそのまま仕事にしているから働いている感覚がないんだと思います。

一方であるオランダ人はこう言っていました。

『大人が幸せだから、子供も幸せ』

オランダはライフステージごとに環境を選択していく自由が根付いているそうです。

家庭を持ち、奥さんや子供の幸せのためにも、自分の幸せを追求するそうです。

そして、彼らと話していて、僕が強く感じたのは。

『海外の人って自分の生き方を自分で決めてる』

残念ながら、前の会社にいた時の僕には出来ていなかったことです。

ずっと世間体を気にしたり、自分の心を無視した行動をとっていました。

この気づきは帰国後の僕の生活に大きな変化をもたらしました。

人生は変化の連続

様々な要因で人間や環境は日々、変化をしていきます。

その中には…

・今日、人生をかけてやりたいことが見つかった人。

・昨日、自分の進路を変えなくてはいけなくなった人。

・明日、これからちょっとやってみたいことが見つかる人。

こんな風に、

良くも悪くも、自分を取り巻く環境は日々変化していきます。

そんなとき自分の人生を”しなやか„に動かすことが出来たら。。。

好きな働き方や生き方を”しなやか„に選択出来たら。。。

 

安定した生活は理想であると共に”しなやかさ„を失いやすいです。

好きな仕事をして、好きな場所に住んで、家族を持つ。

日本という豊かな国で、

安定にもう少し”しなやかさ„を兼ね備えた生活が出来ないのか?

僕はそんなチャレンジをして日々過ごしています。

 最後に…

「ちょっと通りますよ・・・(ハリネズミ)ちょっと通りますよ・・・(ハリネズミ)」のフリー写真素材を拡大

全ての動物は歩くときに必ず、不安定な状態が必要です。

(専門的に言えば、重心を支持基底面の外へ出す必要がある)

立っている:安定

歩いている:安定から不安定、不安定から安定の繰り返し

歩くのと一緒で、人生って安定と不安定の連続なんだろうなぁって思います。

このサイクルを上手く循環させることが”しなやかな生活„の一つの目標です。

人生は長いです。

でも、明日死ぬかもしれません。

今日も、明日も、明後日も、一歩ずつ歩いていきたいです。

Hasta Luego!!