勤めの人から自営業って儲からないと思われているけれども、実はそうでもないかもしれないという話

儲からない 自営のセイちゃん




 

こんにちは。
飲食店自営をはじめて7年目のセイです。
会社勤めのイシちゃんと二人で

仕事を通じて豊かな人生を過ごしていく

をテーマにブログを運営しています。

 

セイの今の目標は、
「40代から新しいスキルで仕事を始める。」です。

 

今日は、ブログのネタを考えていたら、

自営を始めてからなんとなく思ったことを思い出したので、

それについて書いてみようと思います。

 

コラム
『自営業を始めたいんだけど、自営業って儲からなさそうで・・・という方に、
意外にそうでもないかもしれないですよ。っていう話』

です。

 

スポンサーリンク



自営業って厳しそうな“イメージ”がある。金銭的にも。

 

自営業ってどんなイメージがありますか?

 

ウハウハで儲かっているイメージですか?

それとも、

カツカツで何とか生活しているイメージですか?

 

多分両方あるのではないかと思いますが、

 

おそらく1番は、

「収入が厳しそう、生活していくお金を稼ぐのも大変そう。」

ではないでしょうか。

 

自営を始める前、

もちろん自分もそんなイメージは少なからずはありましたが、

サラリーマンよりチャンスはあると思って、

自営の世界に飛び込みました。

 

 

一方、自分の父は典型的な“昭和の勤め人”で、

独立の相談というか連絡をしたときには、

「自営業なんて絶対儲からないから」と頑固に反対されました。

 

 

お店が開店して、もう7年経ちますが今でも顔を合わせると、

「ご飯はきちんと食べているのか?」と言われます。

それくらい自営は儲からないというイメージがあるようです。

 

 

今のところ、

始める前に期待していたほど儲かっていませんが、

(見込み通りにはなかなかいかないですよね。)

おかげさまで”そこそこ”うまくいっています。

 

裕福とは言えませんが、生活はしていけています。

 

周囲にも“成功”している人と、

“失敗”している人両方いますが、

みんなが儲かってないこともないと思います。

 

 

どうして自営は儲からないイメージがあるか?

 

実はいくつか理由があると思っていますが、、、

 

1番の理由は、、、

 

「ぼちぼちでんな」

 

という言葉がキーワードだと思います。

 

 

商売をしている人に、

「売れ行きどうですか?」

と聞いたら、

「ぼちぼちでんな」

って答えてるイメージありませんか?
(少し古いステレオタイプですけど)

 

でも、実際そうなんです。
(もちろん一般の人も謙遜しますが、)

 

商売人は特に、

儲かっていると思われることが“損”だと肌感覚で感じているようで、

「ぼちぼち。」

とか、

「いやーきびしいよ。」

っていう言葉を多用します。

 

 

世の中で、

「儲かって仕方がないです」

って言ってる自営の人ってあまり見たことがなくないですか?

 

 

儲かっているって言い切るのは、

突き抜けている人か、

会社に投資をしてもらうのが目的だったり、

儲けるための情報を売る系の人たちだけです。

お金を呼ぶためにお金を使うというか。

 

一般の、よくある自営の人が

「儲かってます。」

て言うのあまり聞いたことないです。

多分言っていても仲間内だけのことです。

 

おそらくなんですが、

うまく儲かる・儲からないを使い分けているところに、 

「自営はすごい儲けている人がいる」

というのと、

「自営はきびしい」

という二つのイメージが共存している理由があると思っています。

 

 

勤めの人へ、
そこの自営の人実はけっこう儲けているかもしれませんよ!?

 

 

かく言う自分も、

もし聞かれた場合は、

“そこそこ”という表現を使ってお茶を濁しています。

(自分の場合、実際“そこそこ”なんですが。。。)

まあ食べていけてるから失敗はしていないんでしょうか。。。

 

チャレンジしたい人はぜひ自営にチャレンジを!

自分の勤めの時代もそうでしたが、

会社勤めの人からすると、自営業って未知の部分が大きいです。

 

未知なモノに対して否定的になりがちという「人間の習性」も、

自営は儲からないというイメージにつながっているのかな?

と思います。

 

 

当たり前の話ですけど、

結局やってみないと分からないことも多いですよね。

 

“やりたいことはやろう”というのが自分の今の考えです。

 

無責任に言うなと言われそうですが、

人にも“やりたいことはやろう”と伝えたいです。

 

もし、

やりたいことがあって自営をやりたいと思っているけれども

“なんだか怖い”と思っている方。

 

とりあえずやってみるのもいいのでは?と思っています。

 

無責任ではありますが、やりたいことはやったほうがいいです。
絶対に。

 

 

もちろん、しっかりと自分の“仕事に対しての考え”をまとめることも大切です。

jthanashiai.hatenablog.com

 

 

自営をしていていつも思いますが、

自営業をやっている人達はチャレンジが好きな人が、

たくさんいる世界だなと思っています。

 

 

やりたいことがあるけれど二の足を踏んでいるかた、

一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

それでも不安な人は、たびたび書いていますが、

とりあえず時間を作って副業からスタートするのがベターだと思っています。

 

できることなら二足のわらじを続けるのがベストです。

今自分も二足のわらじを目指しています。

一緒にがんばりましょう!

 

 

なんてことを伝えて、今日は終わりにしようと思います。

ありがとうございます。

 

 

 

「“分からない”からって、やりたいこと諦めていませんか?」

それではまた。