普通の会社員が1日6時間の短時間勤務を始めて気付いたこと。

勤めのイシちゃん




会社勤めのイシちゃんです。

自営業のセイちゃんと仕事や人生のことについて話し合いをしています。

スポンサーリンク



普通の会社員が1日6時間の短時間勤務を始めて気付いたこと

僕は今年の4月から1日6時間の短時間勤務を始めています。

そして、約5ヶ月が経ちました。

今まで残業とか休日出勤とかも当たり前だった会社生活から、大きな転換を図ったこの5か月を振り返ってみたいと思います。

短時間勤務の概要

現在、僕が勤めている職場では朝8:30に始業して、15:00には退勤するというスケジュールで週5日間勤務をしています。

お給料は正社員の方と比べて2/3程度で、福利厚生などは全く同じものに入らせて頂いています。

短時間勤務の良い点

①あっという間に終わる

当たり前なのですが、時間が短くなったことによって、

勤務があっという間に終わります。。。。

忙しく動いている日などは本当に一瞬の感覚です。

疲れたなぁとか、昼ごはんの後ちょっと眠たいなぁ、

なんて思う暇もなく仕事が終わります。

②身体の疲れ方が全然違う

前までは20,21時に家に帰り、ご飯を食べたら、

そのあとに疲れが一気に来て何もしたくない状態でした。

また、週の中ごろになると勤務中にも疲れを感じることが多かったです。

しかし、勤務時間が短くなったことによって

身体の疲労度が全然違う!!

心身ともに疲労感を感じることが本当に少なくなりました。

また、短時間なので今まで以上に仕事中の集中力を高い状態で保つことができます。

③勤務時間中の過ごし方を大切にする

仕事の効率や生産性を強く意識するようになりました。

時間が短い分、今まで以上に時間を有効活用する必要があるためです。

まだまだですが、効率よく質の高い仕事が出来るよう日々意識しています。

④勤務後の時間が存分に使える

当然、勤務時間が短い分、勤務後の時間を有効活用することが出来ます。

僕は現在、もう一つの仕事に向けた準備や長年やりたかった演劇の勉強をしています。

また、Jリーグ観戦や音楽ライブなど平日に開催されるイベントへ

確実に参加できるようになりました。

小さいことかもしれませんが、平日にイベントがあると

仕事で何度も行けなかった経験があったので

僕にとってはとても嬉しいことです。

デメリットはないのか??

もちろん収入は減りましたし、仕事量に対して時間が足りなくなり、

ドタバタしてしまう日もまだまだあります。。。。

人それぞれの価値観ですが、短時間勤務を始めることによって生まれるメリットは

非常に多いと感じています。

個人的にはこれから子供が育てていく際には、

仕事の量をコントロールしながら家庭を作っていくことが非常に楽しみです。

まだ短期間ですが、短時間勤務を始めてから感じたことを記録してみました。

今後も、定期的に振り返っていきたいと思っています。

Hasta Luego!!