会社員も自営もどちらも単なる選択肢だから、もっと自由に選べるようになりたい

2本 自営のセイちゃん




 

こんにちは。
飲食店自営をはじめて7年目のセイです。
会社勤めのイシちゃんと二人で

仕事を通じて豊かな人生を過ごしていく

をテーマにブログを運営しています。

 

セイの今の目標は、
「40代から新しいスキルで仕事を始める。」です。

 

今日のテーマは「会社員も自営も、どちらも単なる選択肢」です。

 

スポンサーリンク



パラレルワーク

 

つい先日会って話しをしていたときのことを、

前回イシちゃんがブログを書いてくれました。

jthanashiai.hatenablog.com

 

以前少し書きましたが、

今、飲食店をしながらも別の新しい事を仕事にしようと動いています。

 

これまでは自営×自営で考えていたのですが、

最近は会社員×自営のパラレルワークもひとつの道ではないか?

とも思っています。

 

そもそも自営×自営って単なる多角経営のような気もしますし・・・

 

イシちゃんも今の仕事を短時間勤務にしながら

他のことを仕事にしようとしているので、
(イシちゃんの場合は3つの仕事をしようとしていますが。)

 

今のお互いの共通するキーワードは、

ちかごろよく耳にするようになった“パラレルワーク”です。

 

今の飲食店自営をしながら、

新しい仕事をパラレルワークできれば

面白いのではないかな?なんて考えたりしています。

 

 会社員×自営の選択肢

ただ、、、

自分の場合40手前と年齢が年齢なので、

実際のところ今さら雇ってくれるところも少ない(ほとんどない)とも思います。

 

といいつつも、

やり方・進め方次第かなとも内心思っていますが。。。

 

会社勤めと自営と両方をそれなりに経験してきて、

それぞれの“いいとこどり”ができたら、

結構理想かなとひとつの選択肢として考えています。

 

会社員をやりながら副業はなんとなく想像がつきますが、

飲食店をやりながら会社員はまだ想像がつかないので、

少しだけワクワクしています。

 

“会社員”も“自営”も単なる選択肢

 

インターネットを見ていると、

自営業(フリーランス)と会社員は反対語のように語られて、

お互い批判しあったりするのを時々目にします。

(自営とフリーランスは若干ニュアンスが違うかもしれませんが。。。)
(そんな自分も自営と勤めをタイトルに対義語として使っていますが。。。)

 

この言い争いもきっと、

今の日本の仕事の仕組みが一度出たら終わり。

戻れないシステムだからだろうと思っています。

 

フリーランスは会社員に戻りたくても戻れないし、

会社員は戻れないのが怖くてフリーランスになれないし。

 

その“縛り”がお互いの批判を生んでいるのかな?なんて思っています。

 

そういった中で、自分のように技術の応用がききづらい、

普通の会社員・自営の人にとって、

さきほどのパラレルワークのような選択肢が増えていけば、

もっと働きやすい社会になっていくのでは?と考えたりしています。

 

ムダな言い争いもなくなりますし。。。

 

会社勤めも単なる選択肢。

自営を始めるのも選択肢。

両方やる選択肢もある。

 

そんな自由な働き方が理想的だったりしないでしょうか?

これについては、

引き続き考えていきたいと思います。

 

 

「どの選択肢を選びたいですか?」

それではまた。